2008年03月28日

千谷沢の観察会を4月20日に変更します

昨年春にオープンした長岡市越路地域にある「かたくりの森」の観察会です。当初は、4月6日の予定でしたが、山地では残雪がまだ残り、マンサクがようやく盛りの状態で、スミレ観察には早すぎますので、開催日を4月20日に変更します。

 期 日 : 平成20年4月20日(日)※小雨決行
 集 合 : 長谷川邸駐車場 午前9時30分
 予 定 : 10時〜11時30分  千谷沢地内に移動し、散策
        11時30分〜    昼食、その後散策
        14時       解散
 参加費 : 「草木の会」会員は無料。その他の方は100円
 申 込 : 住所、電話番号、お名前、年齢を4月17日まで下記へ
        平澤 聡 Tel.0258-92-2144(午後7時〜9時)
               携帯090-1436-1492(昼間)
               Fax.0258-92-5238
               E-mail look_at3*agate.plala.or.jp
  (*を半角の@に変えて送信してください)
 当日の持ち物等、詳しくは下記のファイルをご覧ください。
   @千谷沢カタクリの森.pdf

 集合場所はこちらをご覧ください。
   A千谷沢カタクリの森.pdf
posted by ぶなゾー at 13:01| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

新潟県愛鳥センター「紫雲寺さえずりの里」4・5月の行事

探鳥会
 4月20日(日)6:00〜8:30 春の渡りを見る会(大峰山)
 5月4日(日)6:00〜8:30 さえずりを聞く会(大峰山)
 5月11日(日)6:00〜8:30 愛鳥週間探鳥会(大峰山)
 5月18日(日)6:00〜8:30 月例探鳥会(剣龍峡)
  参加費・申し込みの必要はありません。小雨決行(雨具をご用意ください)
  ★双眼鏡、図鑑はお貸しします。
  ★現地集合・解散です。下の添付ファイルをご覧ください。
    愛鳥センター行事4・5月.pdf

新しく鳥の世界をのぞいてみませんか?
 5月3日(土)8:30〜10:00 初心者探鳥会(愛鳥センター)

平成20年度新潟県野鳥保護の集い及び新潟県野鳥愛護会総会
 6月7日(土)〜8日(日)魚沼市入広瀬
  有料。参加申込が必要です(〆切り5月23日)
  申込:はがき、FAX、E-mailで住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記して愛鳥センターへ

 詳しくはこちら愛鳥センター行事4・5月.pdf

お問い合わせは新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里まで
 Tel.0254-41-4500 Fax.0254-41-4501
 E-mail:ngt035310*pref.niigata.lg.jp(*を半角の@に変えて送信)
 URL:http://www.pref.niigata.lg.jp/aicho/
posted by ぶなゾー at 11:18| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

第5回 生物多様性シンポジウム のご案内

第5回 生物多様性シンポジウム
    湿地環境としての新潟平野
          その生物多様性保全を考える

 ◆日時/2008年3月23日(日) 10:20〜16:30 
 ◆会場/新潟県立環境と人間のふれあい館
      (新潟水俣病資料館)1階研修室 Tel. 025-387-1450
 ◆参加費/500円

詳しくは、『生物多様性保全ネットワーク新潟』のHPをご覧ください。
下記urlから、チラシ(PDF)がダウンロードできます。

http://www.geocities.jp/biodiversitynetniigata/
posted by ぶなゾー at 20:53| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

柴田治先生が第5回新潟出版文化賞で記録誌部門賞を受賞

Rimg1415m.jpg 「新潟出版文化賞」は、県内の自費出版図書に光を当て、広く紹介することを目的に平成11年から隔年で実施されています。第5回新潟出版文化賞は、作家の新井満氏を審査委員長に、記録誌部門77作品、文芸部門81作品の応募があり、去る平成19年12月9日に表彰式が行われました。

 当会元会長の柴田治氏は、出版された「吉祥嶽(きっしょうだけ)の植物」が、栄えある記録誌部門賞を受賞されました。

 審査員の講評です。
「一地域の植物相を、スケッチなどもまじえて詳細に記録しているその努力にまず脱帽。植生調査への地域のマンパワー活用という視点からも画期的なものであろう。」

 柴田先生、おめでとうございます!
posted by ぶなゾー at 21:19| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。