2006年07月04日

タイコウチ大量に発見(生き物調査)

先日長岡の生き物調査で絶滅危惧種のタイコウチが大量に発見されました。
用排水路が昔のままのたんぼでの事。三面コンクリートの排水路では発見
されませんでした。たんぼも1〜2日前に水を張ったばかりとのことで田面には
まったく生き物の姿を発見することは出来ませんでした。もっぱら用排水路の
コンクリートの底を網ですくっていました。情けないです。でもメダカが少しと
タニシ、フナ、ヤゴなどが確認できましたし、アマガエルが大量に発生していた
のは不思議でした。地元の方も今年は異常と言ってます。なぜなのでしょう。
アマガエルは吸盤があるのでコンクリートの壁を登ることが出来ますね。それが
なにか影響してるかな。まあ、子供たちも喜んでいたしよかったかな。
感想あったら聞かしてください。
にいがたy.k
posted by ぶなゾー at 17:14| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。