2009年11月12日

◆運営委員会開催のお知らせ

今年もあと2ヶ月をきりました。何かとお忙しくお過ごしのことと思います。
さて、今年度最後の運営委員会を、下記日程にて開催します。
ご多用のところとは思いますが、お繰り合わせの上、ご出席ください。

■日時:2009 年 12月 12 日(土)、13:30〜16:00 (予定)
■会場:長岡市中央公民館(部屋は#406 )
  (長岡市柳原町2−1、電話0258-32-0437)
■議題:
@各部会の活動実績と今後計画について
A次年度に向けた取組み
Bその他
■出席対象者:会長、副会長、各部長、運営委員、会計、事務局


※各部会で、活動内容のわかる資料を可能な限り、準備・持参願います。
※一般会員でも参加希望があれば出席可と致します。(各部長さんのほうからお声掛けください。)
※出・欠については、早めに事務局/小林までご連絡願います。
posted by ぶなゾー at 18:09| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

◆運営委員会開催のお知らせ

 何をするにも、いい季節になってきました。
それぞれ、ご活躍のことと思います。

 さて、今年度2回目の運営委員会を、下記日程にて開催します。
ご多用のところとは思いますが、お繰り合わせの上、ご出席ください。

■日時:2009 年 6月 6日(土)、13:30〜16:00 (予定)
■会場:長岡市中央公民館(部屋は#404)
     (長岡市柳原町2−1、電話0258-32-0437)
■議題:
    @各部会の活動実績と今後計画について
    Aその他
■出席対象者:会長、副会長、各部長、運営委員、会計、事務局


※各部会で、活動内容のわかる資料を可能な限り、準備・持参願います。
※一般会員でも参加希望があれば出席可と致します。
(各部長さんのほうからお声掛けください。)
※出欠については、早めに事務局/小林までご連絡願います。

※通信原稿を募集しています。お気軽にご寄稿をお願いします。
※各部会からの定期原稿も遅れのないように、お願いします。
※原稿締め切りは、5/20事務局必着です。
posted by ぶなゾー at 09:12| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

◆指導員の会回覧板(20090320)〜「ライチョウ会議新潟大会報告書」頒布のご案内

ライチョウ会議報告書.jpg ライチョウ事務局から、H20.11.15-16に行われた新潟大会の報告書を送付いただきました。
ご希望の方には、頒布も可能とのことですので、関心のある方は、ぜひお申込みください。
(※頒布の申込みは、直接ライチョウ会議事務局にお申込みください。)
(※報告書はA4白黒−132頁です。詳細は添付ファイルを参照ください。)

ライチョウ会議案内文.pdf

***************************
 新潟県自然観察指導員の会
 事務局 小林良範
***************************
posted by ぶなゾー at 17:54| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆指導員の会回覧板(20090320)〜 南雲さん/十日町飛来トキの記録集出版

 十日町の南雲敏夫さんが、『トキ観察記録』を出版されました。
1,200円で頒布されるようです。
関心のある方は、ぜひお求めください。
(※詳細は添付ファイルを参照ください。)
トキ記録(新潟日報記事).pdf

***************************
 新潟県自然観察指導員の会
 事務局 小林
***************************
posted by ぶなゾー at 17:24| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

自然観察指導員講習会の写真をアップしました

大変遅くなりましたが、妙高山麓で6月27〜29日に開催された第414回自然観察指導員講習会の写真をアップしましたので、ご覧ください。

アドレスはこちら→http://nature.tiny.jp/08kousyu/kosyu1.htm

なお、ついでにホームページも作ってしまいました。
トップページはこちらです。
  →http://nature.tiny.jp/

何か載せたい情報等がありましたら、広報担当までご連絡ください。
posted by ぶなゾー at 22:13| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

『雪国上越の鳥を見つめて』が刊行されました

上越市の山本明様(元当会会長)から、下記書籍を刊行された旨のご案内を頂きました。

『雪国上越の鳥を見つめて』 新潟日報事業社 (\1,500)
監修/中村雅彦、編著/上越鳥の会

楽天ブックス等のネットからでも入手できるようです。
http://item.rakuten.co.jp/book/5823806/
(↑楽天ブックス)

詳細は以下の添付ファイルをご覧ください。
刊行本の紹介(雪国上越の鳥を見つめて).pdf
posted by ぶなゾー at 23:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

平成20年度 第3回運営委員会開催のお知らせ

 毎日暑いですが、お元気でお過ごしのことと思います。
 さて、今年度第3回目の運営委員会を、下記日程にて開催いたします。お繰り合わせの上、ご参集願います。

■日時:2008年9月6日(土) 13:30〜16 :00(予定)

■会場:長岡市中央公民館 405教室
    (長岡市柳原2−1 TEL:0258(32)0437)

■議題:
  1 各部会の活動実績とこれからの具体的な行動計画
  2 レベルアップ講習会・交流会(松之山)
  3 その他

※それぞれの報告内容に関する資料などがあれば、各自ご準備の上、当日ご持参願います。
※一般会員の参加を歓迎します。各部長さんからのお声掛けをお願いします。
※お手数ですが、出欠については、早めに事務局までご連絡ください。

追伸:
 通信原稿提出予定者様へ → 通信原稿(8/20必着)は、早めの送付をお願いします。
posted by ぶなゾー at 20:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

NACS-J教育普及部より・「生物多様性」普及へのご協力のお願い

指導員連絡会事務局の皆さま

日頃より大変お世話になっております。

さて、NACS-Jでは日常のさまざまな活動の中で
「生物多様性の保全」の重要性や考え方の普及に取り組んでおりますが、
このたび教育普及部では、5月22日の「国際生物多様性の日」に合わせて、
「生物多様性の日のシート」というペーパーを作成いたしました。

生物多様性の日シート(NACS-J).pdf

つきましては、急なお願いになり大変恐縮でございますが、
5月中に開催される自然観察会の中でお配りいただき、
観察会が身近な場所で地域の生物多様性を感じられる場や機会であることを
参加者の皆様にお伝えいただけないでしょうか。
合わせて、連絡会のメンバーをはじめ県内の指導員の皆様に、
この旨をご案内いただければ幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、本件に関するお問合せは下記までご連絡下さい。

財団法人 日本自然保護協会
教育普及部 萩原正朗
Mail: hagiwara×nacsj.or.jp
(×を半角の@に変えてください)
〒104-0033
東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2階
TEL: 03-3553-4105 FAX: 03-3553-0139
posted by ぶなゾー at 07:33| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

柴田治先生が第5回新潟出版文化賞で記録誌部門賞を受賞

Rimg1415m.jpg 「新潟出版文化賞」は、県内の自費出版図書に光を当て、広く紹介することを目的に平成11年から隔年で実施されています。第5回新潟出版文化賞は、作家の新井満氏を審査委員長に、記録誌部門77作品、文芸部門81作品の応募があり、去る平成19年12月9日に表彰式が行われました。

 当会元会長の柴田治氏は、出版された「吉祥嶽(きっしょうだけ)の植物」が、栄えある記録誌部門賞を受賞されました。

 審査員の講評です。
「一地域の植物相を、スケッチなどもまじえて詳細に記録しているその努力にまず脱帽。植生調査への地域のマンパワー活用という視点からも画期的なものであろう。」

 柴田先生、おめでとうございます!
posted by ぶなゾー at 21:19| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

2007年度第3回運営委員会の報告

9月29日に15人が出席して長岡市柳原町の中央公民館で開催されました。

1 2008年の指導員講習会について(平澤副会長)
 2008年の講習会は当会主催で実施することが決定しています。
 会場:最近下越で開催していないので、五頭連峰少年自然の家
 時期:第一候補 10月11〜13日(土〜月)
 懸案事項:参加経費の縮減。NACS-Jのマニュアルに従うと、32,000円以上の経費となることから、会場経費や講師謝礼を抑えることで縮減を図る。地元講師3名、地元観察会講師6名の他に事務方スタッフを募集する。また、自己負担で聴講参加を認める。

2 企画部報告(山田部長欠席で小林事務局長代)
 7月のホタル、8月の川の生きもの、9月のオニバス観察は参加者がなく中止。9月の小松原湿原は諸般の事情により中止。
 角田山てくてくハイクと菅名岳の観察会は続いている。

 今後、10/21千谷沢、11/11当間山の観察会を予定

3 保護研究部(池野部長)
 田んぼの生きもの調査の実施状況
  現在までの要請は、33箇所60人。(未実施3箇所含む)
  実質参加者は28人(延べ123人、前年173人)
  各地域と事務局が直接交渉を行っているため、計画的な日程が組めず、特定の担当者に集中した。
 11月末頃にふりかえりの会。12月に資料整理の予定
 ほかの活動ができなかった。(NACS-Jからの海岸の外来植物の調査など)

 9/19NHKの児童画廊で生きもの調査の絵を描いた子が、タガメがいたと言って反響があった。実際の絵はタイコウチだった。学校の教頭先生が岩崎さんの知り合いで指導をお願いした。

4 事業部(小口部長)
 マップ作りは、まだ発行までいかない。印刷には3〜400万円かかるが、金の工面ができない。ネット掲載はどうか。

5 その他
 会費未納者が大勢いるので、次回のたよりで督促する。
 総会は1/26〜27に五頭連峰少年自然の家で計画する。
 カモシカの骨を見つけて教育委員会に報告したが、委員会が減失届けをださなかった。
 クマの状況について

 次回の運営委員会は、12月16日(日)
posted by ぶなゾー at 16:29| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

研究成果発表会があります。


主  催: 新潟県保健環境科学研究所
日  時: 3月12日(月)   午後1時30分〜4時45分
場  所: 自治会館別館コンベンションホール  ゆきつばき
            新潟市新光町4-1電話025-284-4101

     発   表
@インフルエンザ流行の時間空間的解析
A新型パレコウィルスの発見
Bポジティブリスト導入に対応した食品残留農薬検査体制の構築
C大気環境中の微量有機物質の挙動
D新潟県の環境ホルモン調査結果
E埋蔵農薬の漏洩拡散状況調査
申し込み先:保健環境科学研究所情報調査課
     電話:;025-263-9412 fax025-263-9410
締め切り:3月2日まで 部署名・職名・氏名を明記しfaxにて申し込み
      用紙もあるので請求してください。
                               以上
posted by ぶなゾー at 15:30| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

市民公開講座「猛禽類の救護・保護について」

日 時 19年2月18日(日)午後1時〜午後2時30分
場 所 東映ホテル(新潟市弁天2-1-6)
講 師 鷹匠 波多野幾也
内 容 猛禽類の保護の意義や可能性そして限界について豊かな自然と野鳥を守る
     ためにその生態を語る。
参加費 無料 定員100人
主 催  新潟県獣医師会
申し込み 新潟県獣医師会電話 025-284-9298 fax025-281-1368
      定員になり次第締め切りです(y.k)
posted by ぶなゾー at 11:48| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

地形と地質に関する情報源

  −−− 地形と地質に関する情報源(新潟県関係)−−−

@研究機関
 ・(NPO)ジオプロジェクト新潟(TEL.025-262-6313)
 ・地学団体研究会新潟支部(TEL.025-262-6161)
 ・新潟大学理学部地質科学教室(TEL.025-262-7536)
 ・新潟大学理学部自然環境科学教室(TEL.025-262-6197)
 ・新潟大学災害復興科学センター(TEL.025-262-6270)
 ・上越教育大学自然系理科コース生命・地球グループ(TEL.025-522-2411)
 ・長岡技術科学大学環境・建設系(TEL.0258-47-9600)

A博物館・展示施設
 ・フォッサマグナミュージアム(糸魚川市 TEL.025-553-1880)
 ・青海自然史博物館(旧青海町 TEL.025-562-2223)
 ・新潟大学旭町学術資料展示館(新潟市 TEL.025-227-2260)開館日注意!
 ・地すべり資料館(旧板倉町 TEL.0255-78-2687)
 ・信濃川大河津資料館(旧分水町 TEL.0256-97-2195)
 ・関屋分水資料館(新潟市 TEL.025-267-6857)
 ・大自然館(旧入広瀬村 TEL.025-796-2811)
 ・クレーストーン博士の館(旧黒川村 TEL.0254-48-2011)
 ・シンクルトン記念公園(旧黒川村 TEL.0254-47-2711)
 ・石油の世界館(旧新津市 TEL.0250-22-1400)
 ・出雲崎石油記念館(旧出雲崎町 TEL.0258-78-4000)
 ・鳴海金山 ゴールドパーク鳴海(朝日村 TEL.0254-72-0111)開館期間注意!
 ・佐渡金山(旧相川町 TEL.0259-74-2389)
 ・柏崎市立博物館(柏崎市 TEL.0257-22-0567)
 ・佐渡博物館(旧佐和田町 TEL.0259-52-2447)
 ・新潟県立自然科学館(新潟市 TEL.025-283-3331)
 ・新潟県立上越科学館(上越市 TEL.0255-44-2122)
 ・長岡市立科学博物館(長岡市 TEL.0258-32-0546)

B地質図等の購入先
 ・関西地図センター(京都市 TEL.075-761-5141)1/5万地質図ほか各種
 ・野崎印刷(株)(新潟市 TEL.025-285-5511)1/20万新潟県地質図のみ
 ・(株)富士波出版社(新潟市 TEL.025-228-8851)地形図、土地条件図ほか

C参考書
 ・「大地のロマンを求めて−新版 新潟地学ハイキング」新潟日報事業社
 ・「新潟県地学のガイド(上)・(下)」コロナ社
 ・各市町村誌:各役場で販売.図書館で見られる.
 ・新潟県立図書館(新潟市 TEL.025-284-6824)参考書、地質図、各種報告書等
 ・新潟県庁行政情報センター(新潟市 TEL.025-280-5021)表層地質図等

第379回自然観察指導員講習会(入広瀬)資料より転載  高橋(尚)
posted by ぶなゾー at 21:27| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

笹ヶ峰に行ってきました。

8月4日〜7日まで妙高高原笹ヶ峰で夏休み自然教室の手伝いをしてきました。
今年は大雪でロッジが雪害を受けお休み。キャンパーも少なくゆったりとしていました。特にオートキャンプ場などは平日は誰もいませんでした。自然教室への参加も直接呼びかけをしないと集まらず、工作教室の講師が手ぶらで帰ったこともしばしばでした。

こんなとき知り合いに逢うとうれしくなります。いつもの家族が今年も顔を見せてくれたり、会員が訪問してくれたりですね。笹ヶ峰ダムでのんびり焼山を眺めていたら寺崎さんと植木さんにばったり逢ってしまいました。夢見平遊歩道にいらしたんですね。

会員のみなさま今度この時期に笹ヶ峰にこられたら是非ビジターセンターに寄ってください。私と一緒に運営していた会員は星野(悦)、田中(淳)、田口、古川、岡田の各氏でした。

y.k
posted by ぶなゾー at 10:56| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

マッププロ会議がありました。

日時5月14日(日)午後1時30分〜午後4時30分
場所 長岡中央公民館
人数10人
内容 昨年の蒸し返しのような会議でしたが今年は前に進めようとの意思確認ができ
た。マップは印刷出版することとし、京都連絡会方式を採用する。観察路は20にこだ
わらず30〜40でも良いが自然環境保全地域などの大事な部分が抜けることのないよう
次回までにチェックする。佐渡も一箇所は入れる。次回は7月8日(土)とする。
参加湖希望者は歓迎する。出来るだけ多くの参加者を集めたい。
もっと時間を掛けては・・・。との意見もあったがデータがだんだん古くなるので一
気にやろうと言うことになった。  y,k
posted by ぶなゾー at 13:57| 新潟 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

指導員の会 部長会議がありました。

特に議題を設けずフリートークの緩やかな形で情報交換がありました。

 @荒廃した自然に植生が復原するよう植栽の手法を取っている場合に遺伝子の拡
散あるいは交雑の観点から問題にする方が増えている。それはそれで大事な事だとおもうが、一方荒廃した自然を放っておいて良いのだろうか。どこまで許されてどこからが駄目なのかという議論が全くなされていない。一方的に駄目というだけで解決されるのか。意見を聞いて見たい。

 A保護部会では6/2に会合を持った。今までの取り組みのほかに信濃川の水利
権、つまり十日町付近の干上がった川を問題にしたい。再びサケが遡上する川にしたい。それから長岡市の生き物調査に伴うマイスター事業を受託したい。もう一つの話として、この自然を将来に残すには何といっても子供の自然保護意識を育てる必要がある。親子観察会で普及させたい。

 B広報部ではブログを立ち上げたい。パソコン所持者なら誰でも書き込みができ
るようにする。大いに利用して活発な情報交換をしてもらいたい。 

 C海岸調査に伴う絵図が完成した。今回の通信と一緒に配布する。予算が足りな
いので会員からの寄付をお願いしたい。400円以上で振り込み用紙を入れる。ご協力をお願いします。

 D企画部としては県の観察会で5月に予定の分は中止。7月の予定は何とか交渉したい。6月に主催観察会で佐渡を予定したが準備不足で中止。

 E小松原湿原観察会がある。これを県の観察会にしたらどうか。

 F6月の入広瀬指導員講習会の講師として大塚、南雲、高橋尚、高橋欣、山田、
平澤の6人を派遣する。

 G観察会での緊急事態への対処として指導員の中から救急法指導員や看護師経験
者を登録したら良い。

 H総務部の引継ぎがまだだ。横断幕や机、イスもある。早期に引継ぎが必要。

 I妙高での指導員講習会時の報告書をまとめる必要がある。今後のためもある。
前事務局でやる。 

 J運営委員の名簿がない。それと運営委員を公募する。やる気のある方ならどな
たでも良いのではないか。

などの意見、話がありました。     Y.K
posted by ぶなゾー at 15:19| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

生き物調査の研修会がありました。

 3月24日長岡市でたんぼの生き物調査の研修会がありました。
 福岡でこれに積極的に取り組んでいるnpo法人農と自然研究会
を主宰する宇根豊さんの講演がありました。つまり「農業は品質と
価格にこだわるあまり滅びてしまった。最近漸く農業の多面的機能
が評価されているが、日本の農業は存在するだけで価値があるの
であり、農業の文化的視点忘れないでもらいたい。米の品質という
内向きの評価をやめ、文化という外に向けた評価をしてもらいたい。
ドイツではその考えで田舎の風景を守るためにそこの産物を買うと
いう認識だ。政府も所得保障をしている。」

 と主張するのです。生き物調査はそのための手段であり、物を見
なおすきっかけなのだというのです。
 つまり日本の農村の原風景を守るための始めの一歩が生き物調
査というわけです。
 私も、これには賛成です。まさに指導員の会の活動にピッタリ
ではないでしょうか。今回は長岡市の取り組みですが是非県単位
で取り組んで欲しいと思いました。

 長岡市では昨年あたりから環境保全型農業を推進していて、
今回の事業はその一端だそうです。調査は農家はもちろん一般
からも募集し、調査のための指導員(マイスター)も置くそうです。
指導員としての当会に指導員の派遣を期待する発言もありました。

概略報告まで   y.k
posted by ぶなゾー at 11:28| 新潟 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

平成18年新体制第1回の運営委員会が開催されました

3月4日に長岡市の中央公民館において役員・運営委員24人出席の下、今年の活動方針と役割分担について各部長より提案があり、検討を行いました。主なところは以下のとおりです。

事務局(総務兼務・小林良範事務局長):会計や対外窓口など事務仕事に徹する。

広報部(阿部幸雄部長):主に会報・通信の発行。

事業部(小口成一部長):観察マップづくり、新潟西海岸公園管理、新潟海岸植生調査を定常業務として取り上げ、他に受託事業等を模索する。

企画部(山田三枝部長):観察会、講演会、研修会等の企画・運営。県の観察会もこの部で段取る。

保護研究部(池野宏子部長):ブラックバス、奥胎内ダム建設、ナラ枯れなどの問題に継続して取り組む。

以上です。企画部からは会員のフォローアップに重点を置いた南雲敏夫企画部副部長主催の観察会を企画したので是非参加して欲しいとのことでした。会員のみなさんは、年2〜3回くらいはお近くの観察会に指導員として、または一般参加者としてでもけっこうですので参加するように心がけてください。

なお、詳しくは4月19日発行予定の通信をご覧ください。
posted by ぶなゾー at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。